瀬戸市・尾張旭市の水漏れやつまり

日本有数の陶磁器である瀬戸焼の生産地として知られる瀬戸市・森林公園のある尾張旭市でトイレ水漏れやトイレつまり、台所(キッチン)の混合栓の修理などを専門としています。トイレ修理などの水廻りは、経年とともに様々な不具合が起こってきます。普段の生活の中で頻繁に使用する蛇口・パイプなど、水廻り製品は早めのケアが大切です。トイレ修理や水道のトラブル「排水口つまり」「トイレの水漏れ」「トイレつまり」「漏水調査」は中部水道サービスへお任せ下さい。トイレが詰まったので緊急でなおしてほしい、便器の中に水がチョロチョロともれる、トイレの水が流れっぱなしになる、いつまでたってもトイレタンクの中で水の音がする、便器の交換をしたい、トイレの床から水がもれる、便器ががたつく、トイレ配管から水漏れ、便器の水位が上がってきて流れが悪い、ゴボゴボと音がするなどのトイレつまりなど様々なトラブルに対応します。台所つまりや蛇口水漏れ、トイレ水漏れ修理に弊社オペレーターやスタッフは交代制で24時間常にトラブルに備えて待機しています。

 水漏れ

瀬戸市・尾張旭市内のトイレ修理・台所の蛇口水漏れ・トイレ水漏れ・お風呂の蛇口水漏れ修理

水漏れ修理

  •  トイレ水漏れ{トイレ修理 3,240円~)  
    • トイレタンクの水が急にジョロジョロ止まらなくなった
    • レバーをひねっても便器に水が出てこない
    • タンクの中の鎖が切れてしまった
  •  蛇口水漏れ(パッキン取替え 1,620円~)
    • 蛇口をしっかり締めても水が止まらない
    • 蛇口の付け根からジワジワと水が染み出てくる
    • お風呂の蛇口水漏れ修理
  • 水道管の破裂(凍結)(水道の破裂 3,000円~)
    • 外の水道管が破裂して水が噴き出している
    • 庭に設置してある蛇口が破裂して水がつかえない
    • 水道が凍結して水がでない

 水道のつまり

瀬戸市・尾張旭市内の台所・お風呂のつまり抜き・洗面所が流れない・洗濯機の排水エラー

水道のつまり

  • トイレつまり(トイレつまり除去 3,240円~)
    • 自分でポンプ(スッポン)を使ってみたけど直らない
    • トイレに誤って異物(携帯電話・芳香剤など)を落とした
  • 排水溝つまり(お風呂つまり 3,240円~)
    • 台所の流れが悪く嫌な悪臭がする
    • 浴槽や洗濯機の水を流すと逆流してあふれそうになる
    • お風呂の排水が詰まって流れていかない
  • 下水つまり(下水高圧洗浄 18,000円~)
    • 外にあるマンホール(汚水枡)から汚水が溢れてくる
    • 飲食店舗などの高圧洗浄による配管清掃
    • 排水管に植木の根っこが入って水が流れない

サービス料金

作業内容作業料金合計 (出張料3,000円を含む)
蛇口水漏れ(パッキン交換)1,500円~4,860円~
トイレ水漏れ修理3,000円~6,480円~
排水溝つまり(お風呂・台所)
トイレつまり
3,000円~6,480円~

電話でお見積り

お電話でのお見積りもいたしますのでお気軽にお電話ください。

[check]事前にいくらかかるか知りたい!という場合はお電話下さい。

[check]お電話の際に、お名前・ご住所・電話番号は必要ありません。

[check]症状によっては、現場を見ないとお答えできない場合があります。

[check]お見積り提示後のキャンセル料などは一切発生いたしませんのでご安心ください。

[check]合計には出張料金(3,000円)が含まれております。

[check]一般戸建住宅での詰まり抜きで直せなかった場合は料金は頂いておりません。

瀬戸市・尾張旭市 水道修理施工事例

2018年11月28日
【蛇口の修理】風呂の蛇口 瀬戸市

2018年11月15日
瀬戸市のお客様より、トイレ詰まりのご依頼をいただきました。ご自身でラバーカップを使ってみたけれど、詰まりが抜けなかったそうです。市販のラバーカップとトイレの排水口が合わないことがあるので難しいかもしれません。作業は、ローポンプという業務用ポンプを使用します。紙詰まりであれば詰まりはすぐに抜けてくれます。ちゃんとスムーズに流れることを、一緒に確認していただき作業完了です。

2018年11月10日
尾張旭市のお客様より、台所混合水栓の水漏れ修理依頼をいただきました。よくあるレバータイプのもので、吐水口からポタポタ水漏れしていました。レバータイプの蛇口は、通常のゴムパッキンではなく、カートリッジというパッキンの役目をする部品の交換となります。使用年数もかなり経っており、今回部品を取り替えてもまた他の箇所に不具合が出るかもしれないので、今後のことを考え蛇口ごと交換もご提案致しました。かなり悩まれていましたが、今回は部品の交換をすることとなりました。水漏れは止まったので作業完了となります。

2018年11月6日
飲食店のグリストラップ清掃の施工事例です。飲食店では、毎日大量の油が使用される為、グリストラップという、油を溜めてそのまま下水道に流さないようにする装置が設置されています。ですので、メンテナンスをしないと詰まりが発生しやすくなってしまいます。作業は、高圧洗浄機による清掃をしていきます。グリストラップ内からと、外の汚水桝から作業していきました。油の塊が大量に出てきます。念入りに清掃し作業完了となります。

瀬戸市 水道修理エリア

赤重 暁 赤津 秋葉 朝日 東 汗干 穴田 池田 石田 泉 市場 銀杏木 一里塚 今池 今林 井山 岩屋 上之山 内田 馬ケ城 蛭子 追分 王子沢 大坂 大坪 小金 小田妻 落合 海上 掛下 片草 鐘場 鹿乗 窯神 窯 窯元 神川 上品野 上陣屋 上ノ切 上半田川 上本 上松山 上水野 上山路 川合 川北 川西 川端 川平 ききょう台 北浦 北丘 北白坂 北松山 北みずの坂 北山 北脇 共栄通 京 熊野 蔵所 效範 小坂 古瀬戸 小空 瘤木 駒前 紺屋田 五位塚坂上 栄 さつき台 塩草 品野 下陣屋 白岩 城ケ根 城屋敷 新郷 新田 進陶 新道 新明 十軒 定光寺 水南 末広 杉塚 須原 すみれ台 せいれ 背戸側 瀬戸口 曽野 祖母懐 太子 高根 宝ケ丘 滝之湯 凧山 田中 田端 台六 寺本 陶栄 陶原 東郷 藤四郎 陶生 陶本東明 鳥原 道泉 苗場 仲切 仲郷 中品野 中白坂 中畑 仲洞 中水野 中山 西茨 西印所 西追分 西窯 西蔵所 西古瀬戸 西米泉 西郷 西権現 西白坂町 西谷町 西寺山 西十三塚 西長根 西拝戸 西原 西本地 西本 西洞 西松山 西山路 西山 西吉田 西脇 萩殿 はぎの台 萩山台 白山 巡間 長谷口 幡中 幡西 幡野 幡山八王子 八幡台 八幡 刎田 羽根 原山台 原山 針原 春雨 東赤重 東茨 東印所 東古瀬戸 東米泉 東権現 東白坂 東寺山 東十三塚 東長根 東拝戸 東菱野 東本地 東本 東洞 東松山 東安戸 東山路 東山 東横山 東吉田 菱野台 菱野 日の出 ひまわり台 平 広久手 広之田 深川 福元 ふじの台 前田 孫田 緑 水無瀬 南東 南ケ丘 南白坂 南仲之切 南菱野 南山口 南山 美濃池 宮里 宮地 宮脇 元 門前 矢形 薬師 安戸 八床 屋戸 柳ケ坪 山口 山路 やまて坂 山手 山の田 山脇 湯之根 ゆりの台 吉野 余床 若宮

尾張旭市 水道修理エリア

旭ケ丘 旭台 旭前 新居 新居町山の田 井田 稲葉 印場元 上の山町間口 上の山町山畑 大久手 大塚 柏井町弥栄 柏井町公園通 霞ケ丘 狩宿新町 狩宿町 北原山 北本地ケ原 北山 桜ケ丘 三郷 渋川町 下井 庄中 庄南町 城前 城山 瀬戸川 東栄 東名西町 長坂町南山 西大道町五輪塚 西大道町下大道 西大道町前田 西大道町八瀬の木前 西大道町六兵衛前 西の野町 西の野町豆塚 西山町 根の鼻町 白鳳 晴丘町池上 晴丘町東 東印場町二反田 東大久手町 東三郷町 東大道町曽我廻間 東大道町原田 東大道町山の内 東本地ケ原 東山町 平子ケ丘 平子 緑町緑ケ丘 南栄 南新 南原山 南本地ケ 向 吉岡

瀬戸市はこんな町
瀬戸市は濃尾平野の東、尾張丘陵の一角にあって、中部経済圏の中心地である名古屋市の北東約20kmに位置しています。周囲を標高100~300mの小高い山々に囲まれ気候も温暖。しかも丘陵地帯には瀬戸層群と呼ばれる新第三紀鮮新世の地層があり、やきものの原料となる良質の陶土やガラスの原料となる珪砂を豊富に含んでいます。北部や東部の山間地帯には、松などの樹林が広がり、かつては、こうした恵まれた自然が、瀬戸の窯業の発展に大きな支えとなってきたのです。こうした自然や時代の移り変わりを背景に、窯業に携わってきた人々のたゆまぬ努力のおかげで、せとものは、やきものの代名詞として日本のみならず、世界の人々に知られるようになりました。
明治11年(1878)に郡区町村編成法、同22年(1889)に町村制が公布されると、近代的な自治体である「瀬戸村」となり、次いで明治25年(1892)には「瀬戸町」となりました。さらに大正に入ると、隣接村の合併に意欲をみせ、大正14年(1925)には、赤津村および旭村の一部(今村・美濃之池村)を合併して、着々と市制施行への準備を整えました。それから4年後の昭和4年(1929)10月1日、愛知県で5番目の市として、新生「瀬戸市」の誕生をみたわけです。その後も市域の拡大に努め、昭和26年(1951)には水野村と合併、同30年(1955)には幡山村、同34年(1959)には品野町と相次いで合併し、現在、市域面積は111.61平方キロメートル、人口は13万人を超えるまでに発展しました。
瀬戸市には、このような長い間培われてきた歴史や伝統、文化があり、また、豊かな自然もいまなお多く残されています。

尾張旭市文化財
馬の塔は、尾張及び西三河、東美濃に渡る地方で、江戸時代から行われていた献馬行事です。豊作のお礼や雨乞いなどのために、標具(だし)と呼ばれる道具で飾られた馬を一日だけ寺社に奉納します。もともとは村内だけの「郷祭(ごうまつり)」に献馬が行われていたようですが、江戸時代中期になると複数の村が連合してより大きな神社やお寺に馬の塔を奉納する「合宿(がっしゅく)」が始まりました。合宿は大豊作の年だけに行われたため、10年に一度程度の特別な祭でした。馬を飾る標具には、郷祭では簡素な高札(はんげ)と御幣(ごへい)が使われていますが、合宿では村の願いを込めた意匠を凝らした標具が使われます。また、馬の周りには長柄鎌などを持った警固人(けいごにん)と呼ばれる人を配置して、大切な標具を守っていました。さらに時代が進むと、棒の手や鉄砲(火縄銃)が隊列に加えられ「警固(けいご)」または「オマント」と呼ばれる勇壮な行事に発展しました。