トイレ詰まりの原因になりやすい物

   [check]トイレットペーパー

トイレットペーパー
流していいはずのトイレットペーパーも、一度に大量に使いすぎるとつまりの原因となります。基本的には水に溶けますので、トイレットペーパーが固形物などに絡まっているということがなければ、時間を置いて溶けるのを待つか、バケツの水を一気に流したりする方法も効果があります。

軽いつまりであればラバーカップ(スッポン)を使い自分でも直すことが可能ですが、洋式トイレや和式、節水トイレによって便器の排水口の大きさが異なりますので、それぞれの大きさにあったスッポンを選ぶ必要があります。

そしてスッポンは強く押し込むのではなく、ゆっくりと押し込んで強く引くのが正しい使い方です。その際に水が飛び散ることがありますので、便器を新聞紙やごみ袋などで覆い隠して作業するとよいでしょう。


   [check]ティッシュペーパー

ティッシュペーパー
皆さん大好きなティッシュです。トイレットペーパーがなかった時に使いがちですが、トイレットペーパーはほぐれやすい繊維構造になっているのに対して、ティッシュペーパーはほぐれにくい繊維構造になっているため、排水管や便器の内部にこびりついたり引っかかる可能性が高くなります。

少量であれば問題ありませんが、、トイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因になりますので、使用する際はできるだけゴミとして処分しましょう。ティッシュが詰まってしまった場合は、トイレットペーパーにくらべスッポンを使用しても直りにくいことがあります。何度も何度もシュポシュポして、溶かすというより、細かく砕くイメージでやっていただくといいと思います。


   [check]トイレのお掃除シート

トイレクリーナーとして手軽にお掃除できるトイレのお掃除シートが数多く市販され多くの人が利用されていますが、それらの多くは、水に溶けるタイプで『便器に流しても大丈夫』・『流せるシート』と表記されているものでも、トイレットペーパーほどすぐに溶けるわけではありません。一度に大量に流そうとするとつまりの原因になります。

但し、最終的には水に溶けるように作られていますので、お掃除シート単体のつまりであれば、時間をかけてラバーカップで直すこともできます。


   [check]オムツ・生理用品

オムツ
オムツや生理用品を流してしまうケースもよく見られますが、どちらも水に溶けるような性質はなく、むしろ水分を吸収してどんどんと膨れ上がっていきますので、排水管の中でパンパンになって強いつまりを引き起こします。

見えていればすぐに取り除くことができますが、手の届かない奥の方まで入り込んでしまうと、専用のワイヤーを使う必要が出てきます。ワイヤーもあまり強くやりすぎると便器を傷つけてしまう危険があるため、状況によっては便器を外すこともあります。


   [check]玩具・携帯(スマホ)・ライター・芳香剤など

子供のおもちゃ
小さなお子様はトイレに玩具を持っていったり、大人の方でもスマホを片手に用を足す、トイレでたばこを吸うといったことがあります。ちょっとした不注意で便器に落としてしまうと、便器を脱着して裏から直接取り除く必要が出てきます。

またトイレタンク付近や窓際に芳香剤などを置いている人も多いと思いますが、こちらも蓋(キャップ)が落ちて流れていってしまうといったことがあります。

水は流れるけど、紙や大便をしたときにだけ詰まる、いつもより水位が低い、といった症状は何か固形物を落としている可能性が高くなります。


   [check]猫のトイレ砂
トイレ砂
猫のトイレの砂はいろんなタイプが売られています。かわいいペットの猫ちゃんが一番喜ぶものを選んでいると思いますが、鉱物系・紙系・木系などさまざまなタイプがあり、中にはトイレに流せると説明されているものもありますが、やはりそのどれもが吸水性が高く、一度に多くを流すとつまりの原因になります。

たしかに、トイレにさっと流すことが出来れば、お手軽で手間いらずですが、いざ詰まってしまったらそのトイレすら使用することが出来なくなってしまいますので、流せると説明されているものであっても、何度かに分けたりして流すとよいでしょう。